鈴木奈穂子の旦那の職業や年収は?馴れ初めや子供についても解説!

鈴木奈穂子の旦那

「鈴木奈穂子の旦那は誰?」

「鈴木奈穂子の旦那の職業や年収を知りたい!」

このように鈴木奈穂子の旦那について詳しく知りたい方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、鈴木奈穂子の旦那はTBSの元ディレクターです。

この記事では、鈴木奈穂子と旦那の馴れ初めや結婚の決め手について詳しく解説します。

メアリー

鈴木奈穂子の旦那さんはテレビ関係の仕事をしていたんだね

テレビ局の社員夢があるよな

この記事でわかること
  • 鈴木奈穂子の旦那のプロフィール
  • 鈴木奈穂子の旦那の顔画像・職業・年収
  • 鈴木奈穂子と旦那の馴れ初めエピソード
目次

鈴木奈穂子の旦那の経歴・プロフィールを解説!

鈴木奈穂子の旦那の経歴・プロフィールを解説します。

鈴木奈穂子の旦那と噂されている横井雄一郎(よこい ゆういちろう)さんは、法政大学社会学部卒業後、TBSに入社し、「学校へいこう!」や「リンカーン」等を経て、今は「クレイジージャーニー」と「水曜日のダウンタウン」をご担当されています。

鈴木さんも横井さんも法政大学ご出身で、そのご縁もあり、結婚に至ったのでしょう。

それではさっそく、鈴木奈穂子の旦那のwikiプロフ・職業・年収について詳しく見ていきましょう。

旦那のwikiプロフ

鈴木奈穂子の旦那のwikiプロフ
  • 名前:横井雄一郎(よこい ゆういちろう)
  • 年齢:不明
  • 最終学歴:法政大学社会学部

鈴木奈穂子さんの旦那の顔画像については、一般の方なので掲載は控えます。

鈴木奈穂子の旦那は当時、バックパッカーをするほどの旅行好きで冒険心に溢れた方のようです。

持ち前のガッツから、番組制作への情熱は、人一倍強そうですね。

旦那の職業

鈴木奈穂子の旦那の職業は、番組ディレクターです。

2004年、TBSテレビに入社され、多くの番組に携わってきました。

鈴木奈穂子の旦那が担当した代表番組
  • 「学校へ行こう!MAX」
  • 「リンカーン」
  • 「キングオブコント」
  • 「ドリームマッチ」
  • 「クレイジージャーニー」
  • 「水曜日のダウンタウン」

「あれだ!」とわかる番組ばかりです。相当な敏腕ディレクターなのでしょう。

旦那の年収

鈴木奈穂子の旦那の年収について解説します。

鈴木奈穂子の旦那さんの年収は600万円前後と言われています。

ディレクターの平均年収は464万円ですが、キー局テレビディレクターは1,200万前後のようです。

相場とキー局との関連性を考がえると、1,000万近くはあるかもしれないですね。

鈴木奈穂子と旦那の馴れ初め・交際期間

鈴木奈穂子と旦那はどこで出会ったのか、馴れ初めや交際期間について解説します。

2人の出会いは、法政大学でのゼミに参加したところから始まります。

大学卒業後の2004年から交際をはじめ、8年後に結婚しました。

鈴木さんは入社当時、NHK四国放送局にいました。遠距離恋愛を通してお互いの絆を強くしていったのでしょう。

メアリー

大学のゼミで出会って結婚ってなんか青春でいいね

大学時代に恋愛したかったな

鈴木奈穂と旦那に子供はいる

鈴木奈穂子と旦那には、女の子が一人います。

以前、番組テーマ「お片付け」で、鈴木さんはこんなことを語っています。

「いまもう春物、夏物、冬物がごっちゃになってるし、子供の小さくなった服がどうしようもなくて、それがいろんな袋に入ってたくさんある」と明かしていた。

サンスポ

子供は成長が早いため、季節モノの服が1年後には入らなくなることもありますよね。

子育てをした子ことがある母親ならではのエピソードですね。

鈴木奈穂子の好きなタイプや恋愛観

鈴木奈穂子の好きなタイプは竹野内豊だと大学時代に話していました。

鈴木奈穂子さんが大学在学中の頃ですと、映画『冷静と情熱のあいだ』で主演をつとめ、日本のみならず世界中から注目を浴びていた頃です。

当時からあのカッコ良さは健在でしたから、好きなタイプに挙げるのも納得です。

一方で、旦那はどちらかというと真逆のガタイが良いタイプ。

理想と現実はまた別物ということなんでしょうか。

アナウンサーランキングでも常に上位におり、多くの世代から支持されている鈴木奈穂子さん。

鈴木奈穂子さんは、素敵な旦那さんと子宝に恵まれ順風満帆な生活を過ごされているみたいですね。

今後も、ニュースやバラエティ番組で飛躍していく鈴木奈穂子さんのご活躍に期待しておきましょう。

メアリー

鈴木奈穂子さんはニュース番組で毎日出会いそうだね

今後も綺麗な声を届けて欲しいな

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次